急な宴会や花見が行われる時がありますよね。
もし座敷の居酒屋や花見だったら靴を脱ぐので、足の臭いが気になりますよね。

もし足の臭いが周りに分かれば、距離を置かれてしまいます。

そんなことを避けるために、足の臭いの対処方法や予防方法を紹介します。

急な座敷の宴会や花見での足の臭いはどうすればいいのか?その対処方法を紹介します

足の臭い=男性と思っている人が多いと思いますが、私もそうなんですが、女性でも悩んでいる人が結構多くいます。

男性は革靴、女性も革製のパンプスやブーツ、ストッキングを履いているので、1日過ごせば当然です。

 

特に靴を脱いでの座敷の宴会や花見では、自分も含め足の臭いが気になりますよね。
室内だけでなく屋外でも、密着した空間では足の臭い対策は必須です。

ただ、これがあらかじめ宴会などに行くことが分かっていれば、何らかの対策をすることができたのですが、急遽行くとなったらどうしたらいいのでしょうか?

では、その2つの対処方法を紹介します。

 

1つ目は、フットシートデオドラントシートなどで足を拭くことです。

その際、表面だけでなく、足裏や指の間をしっかり拭いて下さい。
足の臭いのほとんどは、足裏や指の間に因るものです。

 

2つ目は、ストッキングや靴下を新たなものと交換して下さい。

臭いがストッキングや靴下に付いていて洗わないと取れません。
だから、足を綺麗にしても臭ってしまうため、履き替えることをお勧めします。

 

この2つをすれば、とりあえず宴会や花見での足の臭いは避けることができますね。

あと、常に携帯用のフットスプレーや消臭ミストを持ち歩くといいですね。

どうして足の臭いは発生するのか?

足裏にはエクリン腺という汗腺が密集しており、1日で足はコップ1杯分くらいの汗をかきます。
エクリン腺からの汗は無臭ですが、足裏には色々な常在菌が存在しています。

足の臭いは、この常在菌が皮脂、角質、皮膚、爪の汚れなどをエサにして増殖し発生します。

 

臭いの原因の菌は、高温多湿の環境により繁殖します。
靴を履けば、靴の中は高温多湿となり、雑菌にもってこいの環境になります。

だから、1日中靴を履いていれば、足は蒸れて当然臭いが発生します。

 

また、エクリン腺はストレスとも関係しており、ストレスを受けると普段以上に足の裏にも汗をかきます。
だから、ストレスは溜め込まないようにして下さい。

足の臭いの予防方法とお勧めのアイテムを紹介します

最初に、足の臭いの予防方法を紹介します。

 

1つ目は、を3足以上用意してローテーションで履いて下さい。

2日連続使用は止め、中1日はあけて履くようにして下さい。
靴の中を乾燥させることが、雑菌の繁殖を防ぎます。

可能であれば、日陰で靴を干すのもお勧めです。

 

あと、消臭剤なので臭いを取って下さい。

お勧めなのが、エステーの「脱臭炭 ニオイとり紙」です。
丸めて靴の中に入れるだけで、臭いはもちろん、湿気も吸収するので一石二鳥です。

10円玉や乾燥剤も靴の中に入れておくと、臭いを吸収してくれます。

 

2つ目は、足裏、指の間をしっかり洗って下さい。

足裏や指の間は洗わない人もいますが、臭いの原因となる皮脂や汚れなどが付いていますのでしっかり落として下さい。

 

3つ目は、足裏の角質ケアをしっかり行って下さい。

足裏の角質が溜まると、足の臭いの原因となります。
足用角質石けんや、角質除去もできる「フットグルーマーグラン」という足裏を洗うマッサージャーがお勧めです。

 

4つ目は、足裏の保湿をして下さい。

足裏に保湿が必要なのと疑問に思う人がいますよね。
でも、角質が溜まれば足の臭いの原因となります。

また、角質の乾燥が酷くなるとひび割れが起こり、そこに汚れが入り込み臭いが発生する原因となります。

だから、足裏の保湿は意外と重要です。

 

そこで、お勧めのアイテムがあります。
デオドラントクリームの「薬用ネオテクト」です。

殺菌成分「シメン-5-オール」と制汗成分「フェノールスルホン酸亜鉛」の2つの有効成分を配合した医薬部外品です。

ニオイの発生源への密着力が高く、また汗に強力なウォータープルーフタイプなので、消臭力とニオイ分解効果が長く持続します。

 

また、ヨクイニンエキス、ジメチコンなどの保湿成分も配合していて、乾燥から肌を守ります。

 

「薬用ネオテクト」なら朝塗れば、夜の宴会での足の臭いも気になりません。
足の臭いで悩んでいるなら是非1度ためして下さい!

 

⇒「薬用ネオテクト」の関連記事