バグモ クリケットバー(BugMo Cricket Bar)」は日本初のコオロギ由来のプロテインバーです。
バー1本にコオロギ50匹分のパウダーを使用しています。

ジムでのモニターを実施しているので、その効果は実証済み。

このバグモ クリケットバーはヨガ・ピラティス愛好家にお勧めな理由、あわせて6つの特徴や種類と販売店や価格などを紹介していきます。

バグモ クリケットバーはなぜヨガ・ピラティス愛好家にお勧めなのか?

コオロギ(クリケット)は動物性タンパク質なのに、食物繊維、オメガ3、鉄分、ビタミンが豊富です。
新時代のスーパーフードです。

そんな食用コオロギをパウダー状にして、沢山のデーツ(ナツメヤシの実)、クルミ、チアシードなどのフルーツと一緒に練り込んで加工したのが「バグモ クリケットバー(BugMo Cricket Bar)」です。

タンパク質10g、必須アミノ酸9種類、半日分のオメガ3を含んでいます。

 

このバグモ クリケットバーは、ヨガ・ピラティス愛好家にお勧めです。
なぜお勧めなのでしょうか?

 

それは3つの理由があります。

1つ目の理由は、ハードな運動でなくても、ヨガやピラティスを行った後は、筋肉が傷ついた状態になっています。
この筋肉を修復するためには、たんぱく質を摂取することが必要不可欠です。

バグモ クリケットバーは、吸収効率の良い動物性タンパク質なのに、パウダー100g中なんとたんぱく質が75gで、それに対し、脂質はたったの6.7g含んでいます。

 

2つ目の理由は、ヨガやピラティスに必要なのはしなやかな筋肉です。
残念ながら、ヨガやピラティスをするだけでは筋肉は形成されません。

このしなやかな筋肉を作るためには、ヨガやピラティスをした後に、食事などからたんぱく質を摂取することが必要です。

バグモ クリケットバーは、たんぱく質はもちろんのこと、筋合成に必要な必須アミノ酸を9種類、BCAAを豊富にバランスよく含んでいるので、筋肉が効率的に形成されます。

 

3つ目の理由は、ヨガやピラティスを行った後に摂取したものがいつもより影響を受けやすいことです。
添加物がもし入っていればより影響を受けやすいのです。
だから、ヨガやピラティスを行っている人は、添加物を気にする人が多いですよね。

バグモ クリケットバーは、人工添加物不使用なので安心です。

さらに、コオロギは肉よりオメガ3脂肪酸の比率が高く、代謝を促進させるので美しい身体を目指せます。

 

これらのことから、バグモ クリケットバーは、ヨガ・ピラティス愛好家にお勧めです。

バーになっているので、ヨガやピラティスの後、どこでもすぐ食べることができます。
しかも、低脂質高タンパクの完璧なプロテインなので、効率的にたんぱく質を摂取できます。

 

あと、運動後45分以内にたんぱく質を摂取すれば筋肉を形成しやすくなりますので、実践してみて下さい。

バグモ クリケットバーの6つの特徴

バグモ クリケットバーの6つの特徴を説明します。

 

【6つの特徴】
①安心、安全なタンパク質
コオロギは他のタンパク質源と違って、ホルモンバランスを乱すといった副作用がないので安心です。

また、養殖のコオロギを使用していますが、ホルモン剤や抗生物質などは一切使用していません。

そして、コオロギ由来のタンパク質は人も動物も傷つけない、世界で最も優しい肉(クリーンミート)ですね。

 

②筋合成に必要な栄養を全て含んでいます
他のタンパク質源と違って、筋合成に必要な必須アミノ酸9種類やBCAAを豊富にバランスよく含んでいます。

また、吸収効率の良い動物性タンパク質なのに、パウダー100g中になんとタンパク質75gが含まれ、それに対し、脂質はわずか6.7gです。
低脂質高タンパクのパーフェクトプロテインですね。

 

③ホールフード
バグモ クリケットバー1本で、豊富な亜鉛、鉄分(プルーン170g分)、カルシウム(イワシ1尾分)、マグネシウム(納豆1パック分)、ビタミンB12(牛もも肉100g分)、食物繊維(レタス1玉分)が含まれています。
オメガ3脂肪酸にいたってはマグロと同等量含んでいます。

栄養豊富な天然のスーパーフードです。

 

④善玉菌を増加させる食物繊維
パウダーには100g中に6.6gの食物繊維が含まれています。

コオロギに含まれる「キチン質」という食物繊維は、他の一般的な食物繊維と比較して腸内の善玉菌を5倍増加させるという研究結果も報告されています。
腸内環境がキレイになることで、健康にも良い影響が。

 

⑤とってもエコ
昆虫は牛と比較して、1/2000の水、1/10のエサしか必要としないので、環境に優しく、資源を消費しないエコなタンパク質です。

 

⑥安心、安全に重点
製造については、アメリカ食品衛生局の許可済みのとてもクリーンな環境で加工しているから安心、安全です。

商品については、大豆フリー、グルテンフリー、白砂糖不使用、乳製品不使用、人工添加物不使用と安心、安全です。

どんなコオロギが使用されているの?味は?

どんなコオロギが使用されているの?

バグモ クリケットバーに使用しているコオロギは、タイ北部の農家で養殖している100%食用のコオロギです。

コオロギは土を口にするため、体内に重金属が蓄積しているリスクがあるので、食材として継続的に提供するのは安全上適切でないため、完全養殖にこだわったコオロギを使用しています。

エサは、大豆カスやトウモロコシカス、キャッサバなどの植物性のエサを主に与えています。

孵化後2週間までは、良質なアミノ酸を摂取させるために、魚粉など動物性タンパク質を少量混ぜたものを与えます。
それ以降は、上記の穀物ベースのエサを与えます。

コオロギの味は?

一般にナッツっぽい、土っぽい風味がすると言われています。
「きな粉」に近い風味とも言われています。

コオロギの風味は、食べたエサとその後の処理に大きく左右されます。
クリケットバーに使用しているコオロギは、エサの嫌な風味を残さないように、収穫の1日前からエサを与えず、コオロギの体内をクリアにしています。

原材料と栄養成分

原材料栄養成分を説明します。

 

●バグモ クリケットバー(抹茶)

◆原材料
ハチミツ、オーツ麦、クルミ、レーズン、コオロギパウダー、卵白(卵含む)、デーツ、抹茶パウダー、ひまわり油

◆栄養成分(1本)
熱量206kcal、たんぱく質10g、脂質7g、炭水化物27g、食物繊維3.1g、亜鉛0.69mg、鉄分1.5mg、カルシウム22.7mg、マグネシウム30.6mg、ビタミンB6 0.09mg、ビタミンB12 24mg

 

●バグモ クリケットバー(チョコ)

◆原材料
デーツ、レーズン、カシューナッツ、クルミ、ピュアココア、コオロギパウダー、卵白(卵含む)、チアシード、岩塩(ヒマラヤ)

◆栄養成分(1本)
熱量195kcal、たんぱく質10.8g、脂質8.7g、炭水化物23.8g、食物繊維4.2g、亜鉛1.0mg、鉄分1.8mg、カルシウム31.3mg、マグネシウム55.0mg、ビタミンB6 0.1mg、ビタミンB12 24mcg

アレルギーは大丈夫?

バグモ クリケットバーは、アレルギーは大丈夫か調べました。

 

主成分のコオロギはエビやカニと組成が似ているので、エビやカニなどの甲殻類にアレルギーを持っている方は、アレルギー症状が出る可能性があります。
だから、控えるようにして下さい。

他にも、オーツ麦、カシューナッツ、クルミ、レーズン、ココアなどの植物由来の原材料や卵白がアレルギーを持っている方には注意が必要ですので、必ず原材料を確認して下さい。

バグモ クリケットバーの販売店や価格

バグモ クリケットバーの販売店価格を紹介します。

 

バグモ クリケットバーの販売店は、自社の公式サイト(https://bugmo.jp/)やジムやフィットネススタジオです。
今の所、楽天やアマゾンでも販売していません。

 

味は抹茶味とチョコ味の2種類です。

1本の価格は500円(税込)です。

他にセット商品があります。

2本お試しセット(抹茶味:1本、チョコ味:1本):980円(税込)
6本スタンダードセット(抹茶味:3本、チョコ味:3本):2,900円(税込)
12本セット(抹茶味:6本、チョコ味:6本):5,700円(税込)

筋肉を作るには「テストフェン」もお勧めです

テストフェン」という成分には、男性ホルモンの「テストステロン」を増加させます。

この「テストステロン」は筋肉量の増加を促進し、本気で体作りをしたい方に必要な成分です。

 

「テストフェン」を効率的に摂取するならテストフェン18000というサプリがお勧めです。

⇒「テストフェン18000」の関連記事