ダイエットするのに、朝食抜きする人は結構多いですよね。
でも、朝食抜きは太ることが解明されたのでお勧めできません。

無理なく減量できるダイエット方法がありますので紹介します。

ダイエットにおいて朝食抜きは太ることが解明されました

ダイエットにおいて朝食抜きする人は結構多いのですが、それはお勧めできません。
なぜなら、朝食抜きは太ることが解明されたからです。

 

朝食抜きすることで太りやすくなることは昔からよく言われていましたが、そのメカニズムは不明でした。
しかし、名古屋大の研究チームがラットを使って実験を行い、「朝食を抜くことで体内時計や脂質の代謝のリズムが乱れ、体重が増加する」という内容の研究論文が、2018年10月に米科学誌「プロスワン」に掲載されました。

 

朝食を抜くと体内時計にずれが生じます。
すると、エネルギーをたくさん消費できないので体重が増加するというメカニズムです。

だから、毎日規則正しく朝食をとれば、体内時計がリセットされ、体重の増加を防げます。

お勧めのダイエット方法

人間はなぜ体重が増加するのかといえば、カロリーが関係しています。

カロリーには、食べ物などから摂取する「摂取カロリー」と、エネルギーを燃焼する「消費カロリー」があります。

「摂取カロリー」が「消費カロリー」より多いと太るというわけです。
この余分なカロリーが脂肪として体内に蓄積されます。

 

では、どうすれば痩せることができるのか?
それは、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ればいいのです。

 

消費カロリーを増やすには、運動することです。
でも、忙しい、時間がない、面倒くさい、疲れているなどで運動は無理という人もいますよね。

そこで、お勧めしたいのが、1日に3~5回でいいので、1回につき1、2分ほど息が上がるような運動をすることです。

例えば、少し早めに歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を上がる、坂を上ったりなど。

こうすることで、1分当たり休息時の6倍以上のエネルギーを消費しているということが、オーストラリアのシドニー大学の教授によって研究論文が報告されています。

 

摂取カロリーについては、ロカボダイエットをお勧めします。

ロカボダイエットは、過度な糖質抜きをするのではなく、無理なく適正な糖質を取るダイエットです。
健康的に体重を落とせるので、誰でも続けることができます。

 

ロカボダイエットのポイントは3つあります。

【ポイント】
①ごはんは半膳
②おかずはたっぷりで、お肉、お魚はばんばん食べること
③甘味料は低糖質甘味料を使用

 

1日の糖質量を70~130gに抑えるだけで、お腹いっぱい食べてもいいのです。
夢のようなダイエットですね。

このメカニズムは、人間は糖質をエネルギー源にしていますが、糖質がもし不足すれば、代わりに脂肪をエネルギーに変換するので、脂肪が燃焼され痩せるということです。

 

ロカボダイエットは体重の減少だけでなく、血糖値、高脂血症、血圧の改善効果も期待ができます。

痩せホルモン「GLP-1」を使ったダイエットなら無理なく減量できます

でも、運動もロカボダイエットも面倒くさい。
そんな方にお勧めなのが、痩せホルモン「GLP-1」を使ったダイエットです。
このダイエットなら無理なく減量することができます。

 

「GLP-1」は、誰もが持っているホルモンですが、痩せている人には多く、太っている人には少なく、その為、太っている人は食欲を抑えることができません。

だから、「GLP-1」を増やすことで自然に食欲が抑えられ、食事の量が減少するので、無理なく健康的に体重を減少できます。

 

この「GLP-1」を自己注射するのが「GLP-1ダイエット」です。

慣れれば1日1分ほどで行うことができるので、忙しい方でもできますよね。

 

医療機関でのダイエットなので、医師が対応していて、アフターフォローも万全の体制を整えているので安心です。
運動も食事制限も必要ありません。

今年こそは絶対痩せたいという人は、是非「GLP-1ダイエット」を試してみて下さい!

 

⇒テレビで話題のGLP-1ダイエットはPSC