まぶたがピクピクするという経験は、誰もが1度はあると思います。
すぐ治まれば、それは特に心配はないでしょう。

ただ、中々治まらない時はちょっと注意が必要ですね。
もしかしたら、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の可能性があります。

その眼瞼痙攣の症状や眼科での治療方法を説明します。

まぶたがピクピクする原因はいくつかありますが、もしかしたら眼瞼痙攣かも

まぶたがピクピクすることがありませんか?
目の周りの筋肉が、自分の意志とは関係なしに勝手に動いて気持ちが悪いですよね。

それは眼瞼ミオキミア(がんけんみおきみあ)と思われます。
片方のまぶたがピクピクし、大体が数秒で治まりますが、ただ、1日の中で何回も起こることが多いです。
しかも、何日も続くこともありますが、いつの間にか治っていますね。

原因は、疲労、ストレス、睡眠不足などと言われていますが、はっきりした原因は分かっていません。

私もたまになりますが、数日で治っていますね。
だから、眼瞼ミオキミアについては、特に心配はありませんね。

 

問題なのは、両方のまぶたがピクピクし、まぶたが開けにくくなるなどの場合は、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)が疑われます。
他にも、まぶしかったり、眼が乾く、目つきが悪いと周りから言われるなどの場合は、その可能性が高いです。

ただ、このような場合は他の病気の可能性もありますので、自分で判断しないで、1度眼科を受診した方がいいですね。

眼瞼痙攣は眼科ではどんな治療をするの?

眼瞼痙攣は自然には治らなく、ほとんどが原因不明なので、完全に治るということは難しいみたいですね。

ただ、抗不安薬、抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬など向精神薬を服用している場合、これが原因の可能性があるので、服用を中止すると治る場合があります。

 

眼科では通常、内服治療、ボツリヌス療法、手術の3つのどれかが行われます。

 

1番多いのは、抗けいれん薬、抗不安薬、筋弛緩剤などの内服治療ですね。
ただ、症状が軽減することもありますが、薬物性眼瞼痙攣になり逆効果になる可能性があります。

 

ボツリヌス療法は、ボツリヌストキシンを注射することで、緊張している筋肉の緊張を緩和させます。
3ヶ月前後しか効果が続かないので、その都度注射する必要があります。

 

手術は、まぶたが開きやすくなるように、まぶたの筋肉や皮膚を短くする方法などが行われます。

日本で唯一の眼瞼痙攣用クリームがあります

内服薬は薬物性眼瞼痙攣になるリスクがあり、ボツリヌス療法は定期的に注射をする必要があり、金銭的負担もあり、手術は再発や治らない場合もあり、後遺症などのリスクもあるので、重傷の人以外はあまり行われません。
では、どうしたらいいのか?

 

お勧めのアイテムがあります。
金銭的負担もあまりなく、リスクもないアイテムが眼瞼痙攣用クリーム「アイアクト」です。

 

まぶたのピクピク用に開発された、アルジルリン、シンエイク、プロジェリンの3成分を10億分の1にナノ化し独自配合することで、成分の吸収を促進させ、まぶたのピクピクの原因に直接アプローチします。

 

これなら眼科に通院する必要もなく、塗るだけなので、自宅で簡単にケアできますね。

安心の30日間返金保証が付いてますので、眼瞼痙攣に悩んでいる方はアイアクトを試してみて下さい!

 

⇒「アイアクト」の関連記事