枕に短く細い抜け毛が付いていたらちょっとびっくりしますよね。
それは、ちょっと薄毛の危険信号かもしれません。

その原因や対策方法を紹介します。

短い、細い抜け毛は薄毛の危険信号でその原因はいくつかあります

髪の毛は、常に生え変わり、人によってもちろん違いがありますが、1日におよそ80~100本が自然に抜けます。
だから、朝起きて枕に抜け毛が付いていたとしても、それはさほど気にすることではありません。

 

ただ、抜け毛が短い、また、細い場合は注意が必要です。
それは、薄毛の危険信号かもしれません。

 

正常であれば、髪の毛は、成長期(2~6年)、退行期(2週間)、休止期(3~4ヶ月)、のサイクルで繰り返されます。

ところが、何らかの原因でこのヘアサイクルが乱れると、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛がしっかり成長せずに、短かかったり、細かったりする抜け毛が増えるというわけです。

 

では、その主な原因は何でしょうか?

【主な原因】
①ストレス
②生活習慣の乱れ(偏った食生活、睡眠不足、運動不足、喫煙、過度の飲酒など)
③過度なダイエット
④加齢
⑤間違った頭皮ケア(シャンプーの仕方、ドライヤーの使い方など)
⑥女性ホルモンの乱れ(生理、産後など)
⑦季節的な要因(秋口)
⑧日焼け

 

上記のような事が原因として考えられます。

加齢などは避けることができないですが、生活習慣の乱れ、間違った頭皮ケアなどは改善できますので、できることから始めましょう。

抜け毛の対策方法

私は、短い抜け毛が心配だったので、美容室に行った時に、美容師に相談してみました。
私の頭皮を触り、「硬くないから大丈夫だと思うけど、マッサージがお勧めです。」と言われました。

頭皮が硬いと血流が悪くなり、髪の毛を作る栄養が行き渡らなくなり、抜け毛の原因となります。

だから、シャンプー後の柔らかい状態でマッサージすることをお勧めします。

 

あと、前述した主な原因にあった、生活習慣の乱れを改善して下さい。

睡眠不足だと成長ホルモンが減少し、髪や頭皮の修復が行われなくなり、け毛の原因となります。
しっかり睡眠時間を確保し、質の良い睡眠を取って下さい。

 

食生活も重要です。
タンパク質、ビタミン類(A、B、C、E、Fなど)、亜鉛、ヨードなど髪や頭皮に良い物を取り入れ、バランスのとれた食事を心掛けて下さい。

過度なダイエットは、栄養が偏ったり、栄養不足になりますので注意して下さい。

 

喫煙は毛根への血行不良を導き、髪の栄養不足を引き起こすので、できればこの機会に禁煙することをお勧めします。

 

最後に、間違った頭皮ケアを改善して下さい。

シャンプーの際には、シャンプーを手の平で泡立てて、爪を立てずに、指の腹の部分で頭皮をマッサージするように洗って下さい。

流す際は、シャンプーが頭皮に残ることがないように38~39度くらいのぬるま湯でしっかりとすすいで下さい。
お湯が熱すぎると頭皮にダメージを与えてしまいます。

シャンプー後は、ドライヤーでしっかりと髪を乾かして下さい。
頭皮が生乾きだと、雑菌が増殖し、頭皮トラブルの原因となります。

ドライヤーをする際は、こぶし2個分を目安に髪の毛から離して風を当てて下さい。
1ヶ所だけに集中して風を当てずに、ドライヤーを少し振りながら風を当てて下さい。

 

短い、細い抜け毛を見つけたら、薄毛の危険信号と思って下さい。
そのままにしておかずに、上記のような対策方法を実践して下さい。

お勧めの育毛剤を紹介します

私は、マッサージや生活習慣の改善に加え、育毛剤を使い始めました。

それは、医薬部外品の女性育毛剤「ルルシア」です。

 

女性の抜け毛・薄毛には、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは、加齢や産後による女性ホルモンの変化により、血行不良や肌の乾燥が起こり、抜け毛・薄毛などのトラブルになる「女性のゆらぎタイプ」。

もう1つは、生活習慣の乱れ、ストレスなどにより、頭皮が硬くなり、抜け毛・薄毛などのトラブルになる「頭皮トラブルタイプ」。

 

でも、普通は育毛剤は1種類ですよね。

しかし、「ルルシア」は、女性のゆらぎタイプには「ルルシア ルフレ」、頭皮トラブルタイプには「ルルシア シャルム」の2種類があります。

さらに、「ルルシア」が凄いのは、オンライン上で質問に答えるだけで、最適な育毛剤を選んでくれます。
だから、どちらを自分で選ぶという必要はありません。

 

毛髪診断士が監修と企画開発しているので、信頼が置けますね。
しかも、90日間の返金保証も付いているので安心して使用できます。

抜け毛・薄毛に悩んでいるなら、1度「ルルシア」を試してみて下さい!

 

⇒「ルルシア」の関連記事