もう少しで花見のシーズンがやってきますね。

花見といえば外で長時間お酒を飲み、春だからと日焼け対策をしておらず、翌日顔や首、手などの肌が赤くなって後悔したことはありませんか?
そんな経験した人も、今年花見デビューの人も日焼け対策はしっかり行って下さい。

そこで、3月、4月の紫外線量はどのくらいあるのか、日焼けとシミの関係、日焼け対策だけでなく二日酔いにも効果的な医薬品を紹介します。

3月、4月の紫外線量を甘くみていませんか?どのくらいの量か知っていますか?

3月、4月は夏と比較すれば、日差しをそんなには強く感じないですよね。
だから、この時期は日焼け対策(紫外線対策)を本格的にする人はあまりいないですよね。

 

そんなあなたに警告です。
3月、4月は意外と高い紫外線量があります。

 

では、どのくらいの紫外線量なのか?

気象庁の「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ(東京)」のデータを参照しました。

 

【累年平均値(東京)】
1月 1.8
2月 2.6
3月 3.5
4月 4.3
5月 5.1
6月 5.1
7月 6.1
8月 6.0
9月 4.4
10月 3.2
11月 2.1
12月 1.7

 

このデータから分かるように、3月は残暑がまだ厳しい9月よりちょっと低いだけ、4月は9月とほぼ変わりません。

だから、本人が自覚が無いままに、肌がダメージ受け蓄積していくのです。
これを知ったら、肌には春の外はなんて恐ろしいか分かるでしょう。

日焼けとシミはどう関係しているの?

紫外線を浴びると、肌は紫外線から守るためにメラニン色素を生成します。
そのメラニン色素により、肌が色素沈着しますが、これがいわゆる「日焼け」です。

ただ、これはメラノサイトの作用によるものなので、一時的な反応になります。

 

通常は28日ほどで肌のターンオーバーが行われ、メラニン色素は肌の外側に押し出されて、角質とともに垢となって排出されます。

しかし、ターンオーバーが正常に行われなかったり、紫外線を浴び続けメラニン色素が過剰に生成されたりすると、そのメラニン色素が色素沈着となって肌に残ってしまい、それがいわゆる「シミ」です。

 

「日焼け」は一時的な色素沈着、「シミ」は肌に残った色素沈着です。
「日焼け」がずっと続けば「シミ」に繋がります。

花見での日焼け対策だけでなく二日酔いにも効果的な医薬品

紫外線を長年浴びると、シミやシワなどの肌老化を促進します。
だから、本人が自覚が無いまま紫外線を浴びる花見は、肌老化に繋がる可能性があります。

 

そこで、お勧めのアイテムがあります。
飲むだけで日焼け対策できる医薬品「SIMIホワイト」です。

医薬品だけが配合できる代謝を促進するアミノ酸「L-システイン」を最大量の240mg配合しています。

 

「SIMIホワイト」は、この「L-システイン」と「アスコルビン酸(ビタミンC)」を配合することにより、メラニンの生成を抑制し日焼け対策になります。

さらに、ターンオーバーを正常化したり、抗酸化作用により、できてしまったシミを薄くする効果もあります。

 

そして、肌に塗る日焼け止めクリームなどなら塗った部分しか対策できませんが、この「SIMIホワイト」は飲むことにより体の内側からアプローチし、手の届かない背中、手の甲、デコルテなどのシミや色素沈着を対策したり、改善します。

 

また、「L-システイン」は二日酔いの症状の緩和効果もあります。

二日酔いの原因の有害物質「アセトアルデヒド」を無毒化する働きをサポートすることで、二日酔いの症状を緩和します。

 

花見でお酒を飲んで盛り上がれば、日焼け止めクリームの塗り直しなんて、おそらく忘れてしまうでしょう。

外出前に「SIMIホワイト」を飲むだけで、うっかり日焼けや二日酔いを防ぐことができます。

しかも、日焼けした後や、お酒を飲んだ後でも遅くないのが助かりますね。

 

「SIMIホワイト」は、まさに花見にうってつけのアイテムですね。
今年からは、ぜひ「SIMIホワイト」を使ってみて下さい!

 

▼▼公式サイトはこちらから▼▼