国内で初めて国内で製造された乳児用「液体ミルク」の販売が開始しました。
液体ミルクにはメリットとデメリットがあります。

この液体ミルクのメリットとデメリットや、粉ミルクがお勧めの理由を説明します。

そもそも液体ミルクとは?

乳児用液体ミルクは、粉ミルクと違ってお湯で溶かす必要もなく、調乳済みのミルクが液体になっており、哺乳瓶に入れ替えるだけでそのまま飲むことができます。

常温保存が可能なので、今まで外出時にはお湯などで苦労しましたが、液体ミルクと哺乳瓶だけを持っていくだけで済むのでとても便利です。
また、万が一に備えてストックとしても助かりますね。

 

実は、今まで国内において液体ミルクの製造・販売が認められていませんでした。

しかし、2018年8月に厚生労働省が、乳児用液体ミルクの規格基準を定めた改正省令を公布、施行し、国内で製造・販売することが可能になりました。

液体ミルクのメリットとデメリット

液体ミルクのメリットデメリット説明します。

液体ミルクのメリット

①短時間で誰でも簡単に準備できる
液体ミルクは哺乳瓶に入れ替えるだけなので、お湯で溶かしたり、温める必要もなく、誰でも直ぐに簡単に飲ませることができます。
だから、赤ちゃんが泣いても待たせることなく飲ませることでき、あやすことができます。

②常温保存が可能で持ち運びに便利
常温保存が可能なので、液体ミルクと哺乳瓶を持っていくだけなので外出時の持ち運びに便利です。

災害時には、お湯で溶かしたり、温める必要もないので便利です。
また、授乳できる場所を確保できない可能性があり、助かりますね。

液体ミルクのデメリット

①価格が高い
液体ミルクと粉ミルクは江崎グリコでいえばほとんど同じ金額です。
しかし、液体ミルクは12本、粉ミルクは1缶で70回(新生児を対象)ほど使用できますので、圧倒的に粉ミルクが安いです。

②ゴミがその都度増えていく
紙パックや移しかえ専用ストロー(江崎グリコのアイクレオ)が1回使用するごとにゴミになるので、その都度増えていきます。

③賞味期限は短い
江崎グリコでいえば1本125mlですので、全て飲み切れない場合があります。
その場合でも、次に飲むのが1時間を越えるのであれば、衛生上捨てなければいけません。
だから、粉ミルクは開封しても1ヶ月使用できるのに対し、液体ミルクは1時間と賞味期限が短いです。

江崎グリコの液体ミルクの詳細

江崎グリコの液体ミルクの詳細を説明します。

2019年3月5日より既に販売開始しています。

 

【詳細】
●商品名
アイクレオ 赤ちゃんミルク12本入り

●価格
2,592円(税込)

●容量
125ml×12本

●賞味期限
常温で6ヶ月

●原材料
調整食用油脂(分別ラード、オレオ油、大豆油、ヤシ油、パームオレイン)、ホエイパウダー、乳糖、脱脂粉乳、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、ガラクトオリゴ糖液糖、エゴマ油/V.C、レシチン、炭酸K、塩化K、水酸化Ca、V.E、イノシトール、タウリン、5’-CMP、硫酸亜鉛、ウリジル酸Na、硫酸鉄、ナイアシン、5’-AMP、パントテン酸Ca、硫酸銅、V.A、イノシン酸Na、グアニル酸Na、V.B1、V.B2、V.B6、カロテン、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12、(一部に乳成分・大豆を含む)

●アレルギー物質
乳成分・大豆

明治の液体ミルクの詳細

明治の液体ミルクの詳細を説明します。

2019年4月下旬より販売開始予定です。
スチール缶に入っていて、缶から哺乳瓶などに移し替えて使用します。

【詳細】
●商品名
明治ほほえみ らくらくミルク

●価格
215円(税別)

●容量
240ml

●賞味期限
常温で1年

●原材料
分かり次第UP

●アレルギー物質
分かり次第UP

液体ミルクもいいですが粉ミルクもお勧めです

液体ミルクは確かに便利ですが、前述したデメリットにより、普段は粉ミルクを使用することをお勧めします。

また、赤ちゃんでも味の好みがあり、メーカーによってミルクの味が違うので飲まないミルクもあります。
現在、液体ミルクは1種類しかないので、もしかしたら飲まない可能性もあります。

 

ところで、粉ミルクにはお湯が必要ですよね。
でも、いちいちお湯を沸かすのは忙しいママに手間ですよね。

 

そこで、お勧めなのがウォーターサーバー「フレシャス」です。

赤ちゃんのミルクを作るのに推奨の70度をボタンを押すだけでキープできます。
だから、赤ちゃんが泣いていても、すぐに適温でミルクを作ることができるので、あわてることがありません。

 

また、フレシャスの水は富士山の天然水で、赤ちゃんにも安心の硬度21の軟水です。
もちろん、放射性物質の検査も安全が確認されています。

 

今後の離乳食作りにも使用でき、チャイルドロックも付いているので大きくなっても安心して使用できるのでお勧めですね。

 

▼▼公式サイトはこちらから▼▼