脇毛に白い粉が付着していて、何か病気なのかと思ったことがある人はいませんか?
また、もしかしてワキガなのかと?

この白い粉の正体や原因、取り方とワキガの可能性や判断基準を紹介します。

脇毛に付着の白い粉の正体は?原因は?

脇毛に白い粉が付着していたらびっくりしますよね。
結論からいうと、この白い粉は病気に因るものではないので安心して下さい。

 

汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類が存在します。
この白い粉は、アポクリン腺から分泌された皮脂や汗などが結晶となって毛に付着したものです。

 

だから、病気とは関係なく、特に問題もありません。
気になる方は、病院で受診してみて下さい。

白い粉の取り方は?

白い粉は病気とは関係ないといっても、見た目も嫌だし、気になりますよね。

では、取り方はどうすればいいのでしょうか?

 

残念ながら、取り除くのは無理です。
だから、脇毛を剃らないといけません。

 

脇毛を剃ったあとは、脇を常に清潔な状態でキープしましょう。
できれば、汗をかいたらこまめに汗ふきシートで拭くようにしましょう。

そうすることで、白い粉を防ぐことができます。

ワキガの可能性は?判断基準は?

エクリン腺から出る汗は、水分とミネラルでできた汗なので、サラッとした透明で、何の問題もありません。

 

しかし、アポクリン腺から出る汗は、脂肪分、タンパク質、アンモニアなどを多く含んでいて、粘り気があり、乾くと黄色っぽい色に変色します。

 

このアポクリン腺から出る汗がワキガの原因です。
アポクリン腺から出る汗と皮膚表面に存在する常在菌が混じることで、悪臭が発生します。

 

前述したように、白い粉はアポクリン腺からの分泌物が結晶化されたもので、ワキガの判断基準の1つとなります。
ただ白い粉だけでは、ワキガとはなりません。

あと、それに加えて、耳垢が軟らかいとそれはワキガの可能性が高いです。
アポクリン腺が耳の中に多く存在し、活発に動いているため、耳垢が湿っていて軟らかいのです。

さらに、この白い粉に刺激臭があれば、それはほぼワキガと言えるでしょう。

あと親がワキガだったり、下着など衣服に黄色のシミができる場合はその可能性があります。

ワキガに悩んでいるならお勧めのアイテムがあります

もし、ワキガだったらどうすればいいのでしょうか?

その原因のアポクリン腺を取り除く手術があります。
ただし、アポクリン腺の取り残しがあったり、再発する可能性もあり、完全に改善するとはいえません。

また、脇は臭わなくなったが、デリケートゾーンや乳首が臭うようになってしまったという事もあります。

 

そこで、お勧めのアイテムがあります。

それは、医薬部外品のデオドラントクリーム「ハイネス(Highness)」です。

シメン-5-オール」が殺菌し、「フェノールスルホン酸亜鉛」が汗の出口を封鎖します。
この2つの有効成分により、使用するたびにニオイの出ない肌へと変わっていきます。

 

他にも、柿タンニン(殺菌)、茶エキス(ニオイの中和)、ワレモコウエキス(収れん)、ヨクイニンエキス(保湿)などの天然植物由来の成分を配合しています。

 

さらに、シャクヤクエキス、ヨクイニンエキスのうるおい植物成分を配合しています。

制汗成分や殺菌成分だけ使用すると、肌がダメージを受け乾燥するので、かえって汗や皮脂の分泌を活性化しますが、保湿することにより肌を守りながら、効果の持続時間を長くします。

 

ハイネスは満足度96%を達成しています。
ワキガに悩んでいるなら是非試してみて下さい!

 

⇒「ハイネス」の関連記事