クロノセル(ChronoCell)は、年齢肌を改善してくれるヒト幹細胞培養エキスを贅沢に3種類も配合している新時代の土台美容液(エイジレスステムブースター)です。
他にもグロスファクターなどのエイジングケア成分が配合されていて、角質を柔らかくし、いつものコスメの美容成分をしっかり隅々まで浸透させます。

コスメランキングの「土台美容液ランキング」では、期待度、口コミ、満足度、信頼度、お得度の5冠を達成!
その証拠に、継続率では98.3%と驚異の数字を誇っています。

このクロノセルの販売店や、あわせて主な成分と効果や効果なしの口コミは本当なのかなどを紹介していきます。

 

クロノセルの詳細を今すぐ知りたい方はこちらから

 

クロノセルの販売店は?公式サイトのみで80%オフで購入できます!

  • 肌のハリ、弾力が感じられない
  • 化粧のノリが悪い
  • 目元、口元のシワやたるみが目立つ
  • 毛穴の開きが気になる
  • 肌のくすみで実年齢より老けて見られる

 

このようなことで悩んでいませんか?
これらはつまり年齢肌ですね。

残念ながら、個人差はありますが、30歳前後で年齢肌になるといわれています。
何もしなければ肌はどんどん劣化していきます。

 

そこでお勧めなのが、今大注目の再生医療研究から生まれたヒト幹細胞培養液を使用した土台美容液の「クロノセル(ChronoCell)」です。

土台(肌)の角質層を整えることで、お使いの化粧水やクリームなどの美容成分をしっかり肌の隅々まで浸透させることができます。

 

こんな素晴らしい美容液を今すぐ手に入れたいですよね。
では、どこで購入できるのでしょうか?

 

結論を最初に言ってしまうと、クロノセルの販売店は公式サイトのみになります。
今の所、楽天やアマゾンでも取り扱いしていません。

 

クロノセルの通常価格は、1個(30ml) 15,000円(税抜)です。

正直、かなり高額ですよね。
でも、ヒト幹細胞培養液を配合したコスメはほとんどが1万円以上します。
高い物になると2万円以上します。

 

しかし、公式サイトでお得になる方法があります。
それは、定期コースの「ラクトクコース」で購入することです。

 

「ラクトクコース」であればお得な4つの特典が付いてきます。

【4つの特典】
①初回限定価格は80%オフ 15,000円→2,980円(税抜)【12,020円もお得】
②2回目以降はずっと34%オフ 9,800円(税抜)【5,200円もお得】
③全国どこでも送料が無料
④お届け周期の変更可能

 

ただし、「ラクトクコース」には1つだけ条件があります。

それは、4回(4ヶ月)以上の継続が絶対条件になっています。
途中で止めるということができませんので、しっかり検討の上購入をして下さい。

ちなみに、4回の合計金額は、32,380円(税抜)になります。

5回目以降はいつでも解約可能になっており、次回発送日の7日前までに電話連絡して下さい。

 

クロノセルを購入するなら、お得な公式サイトの「ラクトクコース」がお勧めですね!

 

お得な公式サイトの「ラクトクコース」の詳細はこちらから

幹細胞培養液とは?どういう基準で選べばいいのか?

最近テレビなどでも話題になっている「再生医療」を知っていますか?

病気、ケガなどにより喪失した機能を、「幹細胞」を投与することで、人間が元々持っている「再生する力」を利用して、元どおりに戻す医療のことです。

この「幹細胞」には現在大きく分けて3種類あります。
体の中に存在している「体性幹細胞」、胚(受精卵)から培養によって作られる「ES細胞」、人工的に作られる「iPS細胞」です。

「iPS細胞」は、2012年に発明者の山中伸弥教授(京都大学)が「ノーベル医学生理学賞」を受賞したことで有名になったので名前くらいは知っている人が多いのではないでしょうか。

 

ただ、最も医療への応用が進行しているのは「体性幹細胞」です。

最近では、札幌医科大学が医薬品メーカー「ニプロ」と再生医療製品「ステミラック注」を共同開発し、3年間の臨床試験を経て、国内で初めて厚生労働省の承認を受けて、来年2019年に販売する予定です。

この「ステミラック注」は、「体性幹細胞」のいくつかの種類のうち代表的な「間葉系幹細胞」を使用しています。

患者の骨髄液から、骨や血管などになる「間葉系幹細胞」を抽出し、それを培養してから、再度点滴で体内に戻す再生医療です。

今まで、脊髄損傷といえばリハビリ以外に有効な治療法がなかったので、画期的ですね。

 

このような再生医療研究から生まれたのが「ヒト幹細胞培養液」です。
「ヒト幹細胞」を培養する際に分泌される分泌液です。
幹細胞自体は入っていないので、安心して使用できます。

 

「ヒト幹細胞培養液」は、ターンオーバーの促進や、抗酸化作用、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを生成するように細胞レベルで働きかける効果があります。

人間が元々持っている「再生する力」により、シワの改善、シミ、くすみの改善などが確認されていて、論文発表もされています。

 

この「ヒト幹細胞培養液」を使用したコスメは沢山販売されています。

では、どういう基準の「ヒト幹細胞培養液」を配合したコスメを選べばいいのか?
私は3つの基準を元に選びます。

 

1つ目は、どういう種類の「ヒト幹細胞培養液」を配合しているのか、量はもちろんですが、バランスも重要です。

 

2つ目は、「ヒト幹細胞培養液」の質も基準になります。

安い価格のものはほとんど質の悪いものが使用されており、高い価格のものでも海外のものなど質の分からないようなものが使用されたものもあります。

そこで、良質な「ヒト幹細胞培養液」を使用するには、再生医療研究で生まれたものが必要で、「脂肪幹細胞」抽出のために組織を採取する行為は医師しかできないため、医師が関わっているということが重要です。

 

3つ目は、「ヒト幹細胞培養液」の効果を最大限に発揮できるよう成分配合も基準になります。

 

この3つ全ての基準を満たしているのがクロノセルです。

クロノセルが人気があるのは3つの理由のおかげ

クロノセルは現在人気沸騰中で、注文が殺到している状況です。

なぜこんなに人気があるのか?
それは3つの理由のおかげです。

では、その3つの理由を説明します

 

【3つの理由】
1.3種類の「ヒト幹細胞培養液」を配合
①ヒト脂肪細胞順化培養液
グロースファクター(成長因子)の分泌量がナンバーワンです。

 

②ヒト繊維芽細胞順化培養液
コラーゲン、エラスチンなどの美肌必須成分を作り出します。

 

③ヒト骨髄幹細胞順化培養液
衰えた肌を本来の肌に修復するサポートをします。

 

2.3種類のグロースファクター(成長因子)自体を厳選配合
①EGF/ヒトオリゴペプチド-1
ノーベル医学生理学賞を受賞した成分です。

肌のシミ、くすみ、ゴワつきを予防し、ハリをもたらします。

 

②FGF/ヒトオリゴペプチド-13
線維芽細胞を活性化し増殖促進により、肌の潤い、ハリ、ツヤなどを保ちます。

 

③IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31
新しい肌の細胞を生成し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増殖させ、ハリや弾力を与えます。

 

これら3種類のグロースファクター(成長因子)が「ヒト幹細胞培養液」の力を最大限を引き出します。

 

3.美肌菌を高配合
美肌菌(表皮ブドウ球菌)を高配合しています。

洗顔をし過ぎたり、体内環境が乱れることで喪失する潤いや油分を補います。
また、肌の柔軟性を保持する肌フローラルを整えることにより、肌の内側のバランスを構築し、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルにもアプローチします。

 

他社のアイテムとは違うこれら3つの理由で、クロノセルの注文が殺到しているのも分かりますね。

 

クロノセルをもっと詳しく知りたい方はこちらから

クロノセルの主な成分と効果

ここでは、「ヒト幹細胞培養液」などの前述した成分を除いた主な成分と効果を説明します。

 

【主な成分と効果】
●エイジングケア成分
①アスコルビルリン酸Na
ビタミンC誘導体の1つで、抗酸化作用が期待できます。

 

②クズ根エキス
マメ科植物 クズの根から抽出したエキスで、保湿効果、美白効果などが期待できます。
また、コラーゲン合成促進作用があり、シワ・たるみ改善作用も期待できます。

 

③オタネニンジン根エキス
オタネニンジンの根から抽出したエキスで、ジンセノサイドにより、肌の老化予防、新陳代謝促進などが期待できます。

 

●透明感を導く成分
①ハイドロキノン
メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを抑制するので、美白効果が期待できます。

 

②アロエベラ葉エキス
ユリ科の植物 アロエベラの葉から抽出したエキスで、ターンオーバーの促進作用、メラニン色素を作るチロシナーゼの働きを抑制するので、美白効果が期待できます。

 

③サリチロイルオクタペプチド-9
ニキビ用化粧品にも使用されている成分で、古い角質をピーリングして透明感をサポートします。

 

●しっとりと潤い補給成分
①キュウリ果実エキス
キュウリから抽出したエキスで、沢山の成分が含まれていて、保湿効果、収れん効果、抗酸化作用などが期待できます。

 

②クロレラエキス
藻類のクロレラから抽出したエキスで、保湿効果、細胞賦活作用、抗酸化作用が期待できます。

 

③サクラン
日本固有種の淡水産藍藻のスイゼンジノリから抽出した成分で、3大保湿成分の1つ ヒアルロン酸のなんと5倍以上の保水力を持っています。

 

④ヒアルロン酸Na
元々人間の体内に存在する成分で、保水力にとても優れていて、1gで6リットルの水を持てることができ、保湿効果が期待できます。

 

●毛穴アプローチ成分
①カミツレ花エキス
キク科植物 カミツレの花から抽出したエキスで、毛穴を引き締める収れん作用などが期待できます。

 

②アラントイン
抗炎症作用、修復賦活作用などが期待できます。

 

③グリチルリチン酸2K
漢方薬でもあるマメ科の甘草(カンゾウ)の根から抽出した成分で、抗炎症作用が期待できます。

 

このように、肌に優しい天然植物系エキスなど実力派の有用成分を配合しています。
主成分はもちろんのことサポート成分も充実しているので、期待できますね。

 

クロノセルは副作用やアレルギーは大丈夫?

クロノセルは土台美容液なので顔に直接塗るため、副作用アレルギーがちょっと気になりますよね。
顔は何かあったら取り返しがつかないですからね。

そこで、配合している成分を調べてみました。

 

最初に、副作用についてですが、1つだけ気になる成分があります。
それは、ハイドロキノンです。

でも、これはかなりの量を配合している場合です。
2%までの配合は厚生労働省により許可されていますが、それ以上は医師の処方が必要になります。

クロノセルはもちろん2%以内の濃度ですので、そんなに心配する必要はありません。
ただし、以前にハイドロキノン配合のものを使用して何らかの症状が出た人は、使用する前に皮膚科などの専門医に相談するすることをお勧めします。

 

次に、アレルギーについてですが、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキスなど植物由来成分が使用されています。
これらがアレルギーを引き起こす可能性がありますので、注意して下さい。

また、これ以外に自分のアレルギーの対象の成分があるかどうか成分表にて確認して下さい。

 

このような肌トラブルを引き起こさないように、初めて使用する場合、腕の内側など狭い範囲でパッチテストを行うことをお勧めします。
もしものことを考えてやることをお勧めします。

 

そして、クロノセルは安全性にこだわり、肌の優しさも追究しています。
だから、高品質で安全性の高い原料を採用し、全ての工程において徹底した品質管理によって、しかも100%国内工場で製造するというこだわりぶりです。

 

さらに、鉱物油、パラベン、合成着色料、合成香料、シリコン、タルク、旧指定成分と7つのフリーで無添加処方!
だから、敏感肌の方でも安心して毎日塗ることができますね。

このように、クロノセルは安全性にこだわっているので、安心できますね。

 

【クロノセルの全成分】
水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト繊維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪幹細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチド-1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、トレハロース、クロレラエキス、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチド-1、アラントイン、グリセリン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-6デシルテトラデセス-30、テトラヒドロピペリン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート20、水添レシン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

 

クロノセルの使い方と注意点

クロノセルの使い方注意点を説明します。

使用手順は、洗顔・クレンジング後にクロノセルを使用して下さい。
その後、いつもの化粧水やクリームなどを使用して下さい。

朝晩の1日2回塗ることをお勧めします。

 

【使い方】
STEP①
洗顔後に、キャップと一体化になっているスポイトを使用して、クロノセルを2~3プッシュ(10円玉大ほど)を手の平に乗せます。

その際、清潔な状態を保つため、スポイトは手に付けないようにして下さい。

 

STEP②
顔全体に伸ばしたら、手の平で顔を包み込むようにハンドプレスで馴染ませると、浸透していきます。

顔に塗る前に、手の平を合わせてちょっと温めると、さらに浸透しやすくなります。

 

STEP③
最後に、目元や口元など乾燥が気になる部分には重ねづけをして、しっかり浸透させて下さい。

 

使用手順を間違えると、何の効果も発揮しませんので注意して下さい。

 

【注意点】
①使用期限の目安
開封したら、約2ヶ月を目安に使い切ることをお勧めします。
それ以降になると、「ヒト幹細胞培養液」の効果が薄れていくので注意して下さい。

開封日を書いたシールを貼っておくと忘れないですよ。

 

②手で塗る
使い方でも書きましたが、手で塗って下さい。
コットン、パックなどを使用すると、それらに成分が残ってしまい、肌に吸収される量が少なくなり、効果が激減してしまいます。

 

③保管方法
使用後はキャップをしっかり締め、高温や低温、直接日光が当たる場所を避け、保管して下さい。
子供がいる家庭では、子供の届かない高さの場所に保管して下さい。

あと、衛生上、1度出した中身はもったいないからと言って決してボトルへ戻さないで下さい。

 

これらの注意点は必ず守るようにして下さい。

クロノセルの効果なしの口コミは本当?

クロノセルの口コミを検索すると、少数ですが効果なしという口コミを見掛けます。
購入を検討している人にとっては、ちょっと「おやっ」て思いますよね。
では、その効果なしを含めた悪い口コミを紹介しますね。

 

【悪い口コミ】
●「ヒト幹細胞培養液」を配合しているから期待していたのに、4週間使用してもほとんど効果なし。だまされたかな・・・。

●人に勧められ購入したが、1万円超えているので、2、3日に1回のペースで塗っていて、効果をまだ実感できていません。

●再生医療から生まれ、3つの「ヒト幹細胞培養液」を配合していると広告に記載されていたから購入してみましたが、1ヶ月経っても効果を実感できません。
本当に「ヒト幹細胞培養液」が配合されているのかな・・・。

●2ヶ月経過したが、肌に潤いがでてきましたが、私は目元や口元の小じわをなくしたかったのですが、小じわは変化なし。
高いお金を払ったのに、ちょっとがっかり。

●1本使い切り、段々肌の調子がよくなってきたが、劇的な効果ではなく、さらに高価なので、リピートはないかな。

 

※個人の感想であって、効果を保証するわけではありません

 

これらの悪い口コミを見て分かったことが3点あります。

1点目は、効果なしといっている口コミは、使用期間がちょっと短いですね。

クロノセルは使用を続けることにより、徐々に土台(肌)が改善され、化粧水やクリームが肌の奥まで浸透するようになっていきます。

だけど、効果なしといっている口コミは、ほとんどが3ヶ月未満の使用の人です。
ターンオーバーの周期が約28日で、ターンオーバーが3,4回することで大分肌が改善されますので、最低でも3、4ヶ月以上使用することをお勧めします。

 

2点目は、毎日継続することが重要です。

上記で書いたように、徐々に土台(肌)が改善されるので、毎日継続使用していないと効果はなかなか実感できなません。

 

3点目は、「肌に潤いがでてきたが小じわに効果なし」、「段々肌の調子がよくなってきたが、劇的な効果ではない」という口コミがありましたが、ここで止めてしまうのはとてももったいないです。

なぜなら、これらはターンオーバーが改善され、徐々に肌が良くなってきたので、継続すればもっと効果を実感できたのに、せっかくのチャンスを無駄にしてしまっています。

 

まとめとして、クロノセルの効果を実感するには、最低でも3、4ヶ月以上毎日継続使用することをお勧めします。

再生医療研究から生まれた「ヒト幹細胞培養液」を配合している美容液ですので、年齢肌でお悩みの方は是非試してみて下さい!

 

「ヒト幹細胞培養液」配合のクロノセルの詳細はこちらから